株式会社 津幡石油        (tsubata sekiyu)

石川県津幡町のガソリンスタンド レンタカー・コーティング・タイヤ保管・車検・各油種の配達もOK!

0000046693.jpg

TOPページ ≫ The Lyrical Times

The Lyrical Times

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年06月18日

    「五輪開催中止」世界同時多発デモ



    6月23日、東京都庁で五輪中止デモが開かれるという。反五輪団体は東京とパリ、LAが連携した形でデモを敢行、因みに23日は「オリンピック・デー」というアニバーサリーなのだとか。東京のターゲットは小池都知事らしいが彼女自身にどれだけ文句を言っても1ミリのフィードバックもない。五輪を東京に招致出来た段階で招致委員会は解散、組織委員会に権限が移行してからは当時の森喜朗会長が全体の構造と利権を牛耳った。それから今日まで利害関係に入り込めなかった都知事の心中は五輪よりも都議会選挙に傾いている。五輪真弓「少女」  https://www.youtube.com/watch?v=7jG8bC9md2s

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年06月16日

    日給17万円が教えること



    選挙対策が見え見えのワクチン接種ニュースだけど日給17万円が教える教訓はアウトブレイクに対応する組織の構築である。災害が起きた時の自衛隊がそうであるように疫病が起きた時には既存の医療機関に頼らない政府と切り離れた危機管理部隊が望まれる。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年06月15日

    1回目の接種で飲み歩かない

    ツイッター上で関心を引くものがあったので紹介する。コロナワクチン接種によって十分な免疫が構築されるのは「2回目の接種から2週間後」だそう。1回目の接種から2週間まではほとんど抗体は認められず未接種と変わらないのだとか。先日も大阪の消防局員が1回目の接種後に感染して亡くなった報道などはそれを象徴するようだ。1回の接種では人によってマズいのかもしれない。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年06月15日

    政府が飲食店壊滅作戦へ



    いよいよ飲食業界の息の根が止まりそうだ。政府は20日にも10都道府県に発出している緊急事態宣言を解除、東京大阪に関しては宣言を蔓延防止重点措置に切り替えて引き続き酒類の提供を制限する算段らしい。酒を提供する飲食店が感染の「急所」と捉えているかぎり五輪が終わっても継続されそうなムードありありだが、俯瞰で見れば東京などは飲食店の数が先進国の中でも断トツに多すぎて間引かれる時期に来ていることも事実。食品ロスや医療費などの負担を考えればフリーダム国家からの終焉は近い。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年06月14日

    寺内貫太郎さん他界



    ドラマ「寺内貫太郎一家」オープニング。https://www.youtube.com/watch?v=md5KBMqV2uc

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年06月14日

    デジタル庁の本質



    初代デジタル庁のトップに就任する平井大臣が矢面に立っている。幹部職員との会話の中身を盗聴されたらしいが内容が恫喝に近いのでマズい。しかしながら直接ソフトをオーダー出来ない大臣自身のやりきれない思いは理解できる。この私も20年前にオリジナルのソフトを作ろうと悩んでいた頃があった。販売店のPOS(ポイントオブシステム)が万能ではないことを悟った私はPCで動作する法則性の出せるソフトが欲しくて毎週末パソコン店を訪れたがどれも決め手(汎用品ばかり)に欠けていて悶々とした日々を送っていた。ある日集金に訪れた取引銀行の営業マンにそのことを話すと「その悩みを解決できるSEを知っていますから紹介しますよ」とある人を連れてきてくれた。私40代、その人は30代と私より年齢は若かったが彼の話す「デジタルソフト論」に意気投合したのはいうまでもなかった。翌年の2001年春、私たちは早速オリジナルソフト制作に取り掛かるが私のリクエストと彼のロジックが度々ぶつかって完成に要した時間は丸1年。たかが販売店用のソフトに1年もの時間と予算(完全にオーバー)を費やしてしまったことに後悔もしたが今では全スタッフに重宝されている。顧客からの問い合わせにもワンクリックで応えることが出来る利便性は販売店の信頼度を増すに十分で完成した当初は全国版として販売しようと目論んでもいた。日々の売上げ伝票を手打ちで入力してきた20年間の蓄積データがビッグデータとなったのは彼の柔軟性ある考え方と私の「幼稚園児でも分かるようにしてほしい」という平易な発想から生み出されたものだ。その頭脳明晰さから高い位置でソフトを考えるSEが私のように素人発想のできる決定権者(今ならAI)とソフト作りをすれば世の中はもっと良くなる。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年06月11日

    テレワーク・ディズで飲食完全アウト



    テレワーク・ディズ2021。去年からのスライド実施だがテレワークが国民運動プロジェクトだったとは知らない私がお粗末だ。五輪をきっかけにした社会構造のチェンジは五輪後もレガシーとして継続するのだとか。政府はポストコロナの先頭に立つ3000の団体を広く募る。都心のオフィス街にある飲食店とコンビニは名誉ある撤退を考えなくてはいけなくなった。国民の犠牲が伴う働き方改革は完全に二極化される。テレワーク・ディズとは。https://www.youtube.com/watch?v=nRSVOtuVqok

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年06月11日

    ホントにゴミになったマスコミ



    立憲民主党が政権を奪取すると枝野代表が張り切っている。今秋の選挙で共産党を加えての共闘を標榜しているが、9日にあった党首討論の印象では政権奪取など夢のまた夢だ。一方、枝野代表の懐刀と言われている本多平直議員が10日の党内会合で「50代の自分が14歳と性関係を持った場合それが同意であっても捕まるというのはおかしい」との発言は信じられないほどに罪深い。しかしながらこの件に関する報道がNHKを中心に大きく報じられないのは何故か。NHKの労組は立憲民主党を支持政党にしていることから局の職員全員に箝口令でも敷いたのだろうが、日弁連は記者会見して徹底糾弾しなければいけない団体なのにこの組織も沈黙している。国会議員であろうがなかろうがその発言自体が犯罪に結びつくことを知ろう。56歳と言う年齢からデジタルに疎い口先だけの男なのだろうと思って地元選挙区はどこなのかを調べたら比例ブロックで党に拾われている議員だった。思うに国会中継での質問の言葉使いや汚いヤジを飛ばすのはこんな輩が多く「鉄砲玉議員」と言われて嘲笑されている。性犯罪に値する行為を肯定した国会議員をNHKと日弁連は大きく報道して国民に訴えるべきだ。何よりキモイしワーキングチームから外すべき。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年06月10日

    多様性とは選択肢があること


    味噌もクソも一緒とはこのことか。東京ジェンダー平等研究会の「性別による機会不平等を正す」は都庁から発信されたが、はき違えた提言に言葉がない。「性別」を理由に入学できないのは不合理だとする考えも「能力」でなら理解するところ。また主宰者は「企業でも性別を理由にした不採用は許されない」というが学校教育と民間企業を混同しては対話のテーブルにつけない。私立の男子校や女子校の良さは選択肢の多様性にあるわけで全ての学校が共学になることの方がダイバーシティを潰す社会主義的思想の押し付けになる。ジェンダーな人々はこんな風に考えるのかと困惑するものの圧力団体に成長するようでは如何なものか。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年06月09日

    危機に対応するための改正




    憲法改正の下地になる国民投票法改正案が参議院審査会で可決され本会議に向かう。衆議院で一部修正されたものを参議院で審議されていたわけだが、国民にとってこの改正案の意味するものを理解している人は少ない。憲法改正と言うと「9条」にスポットライトが集中してしまって議論すらできない状況だったが、政府のコロナウイルス感染症対策の不手際から憲法改正に肯定的な意見が世論調査で明らかになっていた。日本国民の感情を察すれば早期に参議院でも可決して次に駒を進めることが大切だろう。上記の表は自民党の草案だけれど何といっても気になるのが現行憲法に緊急事態条項がないことだ。この部分を明確にすることが疫病に対峙する最も近い道になる。