株式会社 津幡石油        (tsubata sekiyu)

石川県津幡町のガソリンスタンド レンタカー・コーティング・タイヤ保管・車検・各油種の配達もOK!

0000046693.jpg

TOPページ ≫ The Lyrical Times

The Lyrical Times

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年02月02日

    スーチーと習近平の関係




    これは軍によるクーデターなのだろうか。1990年にノーベル平和賞を受賞したミャンマーの国家顧問アウンサンスーチー氏(75)が国軍から拘束された。権力を失うきっかけは昨年11月に行われた総選挙で不正があったと国軍系から異議が唱えられていたことによる。何だかつい先日の米国大統領選挙を思い出してしまうが、国会が開会される直前の2月1日に身柄を拘束され国軍の施設に収容されているという。米国バイデン大統領は「民主主義が攻撃されれば立ち上がる」とした声明を発表したものの中国共産党習近平氏は静観している。果たしてアウンサンスーチー氏につきまとうロヒンギャ問題と中共のウイグル問題は共通点があるのだろうか。両国いや両者を限りなく近づけていることだけは事実である。「民主化の象徴」とされたノーベル平和賞受賞者には他に「核なき世界」のオバマ元大統領がいる。因みにスーチーの拘束は4度目。スーチーの疑惑。https://www.youtube.com/watch?v=vexapoOmp0Y

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年02月01日

    iPhone12を持つ




    いよいよ使い勝手が悪くなったiPhoneとiPad。特に最近iPadは容量が少なすぎるせいでソフトのアップデート時にAppを一時削除しなくてはならなくなった。タブレットにWordをインストールしてそこにオリジナルの楽曲を詰め込んだことも要因だとは思うが頻繁にフィードバックさせるのは限界。このコロナ禍で出かけるのは嫌だが、春までにスマホとともにタブレットは買い替えである。てなわけでユーチューブの紹介動画を幾つも見たが、12と11、Proのどちらも甲乙つけがたい。でも自分的には12だろうか…。とにかく春までに決定。12を選ぶための話。https://www.youtube.com/watch?v=NNHr_XErOeE

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月29日

    共産党の活動費204億円




    ツイッター上で日本共産党がバズッている。総務省が令和元年の政治資金収支報告書を公開したがその中身に驚かない人はいない。各政党本部の収入額は自民党約244億円で7年連続でトップ、これは当然でも続く2番手がなんと共産党の約204億円なのだ。ここで注意すべきは共産党は他党と違って政党交付金を貰っていない点である。制度に反対する党の方針で国民の税金から交付されるカネを頂かない共産党に一目置いていた人々にとっては暴露に近い報告ではないか。自民党の政治資金パーティや献金のことが印象の悪い話題としてメディアに取り上げられるが、一方で共産党の資金源である「しんぶん赤旗」の購読を全国の自治体幹部に強要している噂は後を絶たない。ま、どちらにしても交付金なしで204億円の資金を集めるには相当以上に組織的活動が必要なことは確かだ。コロナ禍においても政党の潤いは不変である。因みに2020年の政党交付金の内訳は自民約172億円、立憲民主約42憶円、国民民主約46億円、公明約30億円、維新約18億円、社民約3億円、N国とれいわが約1億円、そして共産党は0円である。報告書では共産党の収入約204億円は他の8政党を合わせたものの2倍近くあったという。(政治資金収支報告書とは:政治団体の一年間の収入と支出、資産などを記載する報告書)

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月29日

    シン・ウルトラマン 夏に劇場公開



    ウルトラマン55周記念映画がこの夏に封切られるらしい。シン・ゴジラには正直期待外れだったものの、ウルトラマンに関しては私たちの世代にとって絶対譲れない部分がある。予告篇前の特報だけでは詳細は分からないが、オールドファンのヒーロー像も汲み取った作品であるよう期待したい。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月28日

    ヤンキース マー君を放出


    ヤンキースがFAになっていた田中と契約しないことになった。シリーズ決定戦でのピッチングに見切りをつけての放出だと考えるが、大勝負に強いマー君を失うことで得られるものはあまりないように思う。上記はツイッターのヤンキース公式アカウントだが、田中をピックアップしたヤンキース最後の勇姿。田中は来シーズン、東北楽天イーグルスのマウンドに立つ。ヤンキースは2009年、松井秀喜選手などの活躍で27度目のワールドチャンピオンに輝いたが、以降10年以上に渡ってその座から遠ざかっている。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月28日

    バッハ会長「商売やめられない」



    IOCバッハ会長の「日本人よどうか辛抱して」の言葉には同調できない。これで日本人の精神は東京五輪を同情から非情な目で考えるようになった。アスリートたちはビジネスライクなIOCに抗議しなければならない。バッハ五輪開催話をすり替える。https://www.youtube.com/watch?v=lKoit7ZA3p8

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月28日

    ウイグルジェノサイド



    日本の外務省内にいる官僚たちは単なる腰抜けか又は日本人ではないのだろう。ジェノサイド条約を批准も加盟もしていないのは先進国の中で日本くらいだが、これを阻んでいるのが憲法9条の解釈で国内法も整備されていない現状を知る国民はあまりいない。新疆ウイグル地区では子供たちが中共によって連れ去られて家畜のように臓器売買に利用されていることを知ろう。自民党は外交部会で「ジェノサイド」を強く指摘して外務省官僚の嫌がる憲法論議に持っていくべきである。(ジェノサイド条約とは:現在152か国が批准又は加盟している。1948年に制定された国際条約で、人種、民族、宗教などによる集団の殺害や危害を加える行為、子供の強制移動などを「ジェノサイド」と定義、これを防止し処罰することを定めている。)

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月27日

    国民感情逆なで答弁




    東京新聞は大学生時代に半年間ほど購読していたことがある。当時の私はリベラルを気取った青い学生だったが、あれから数十年経った今では朝日新聞に次いで具合の悪い存在だ。今国会の予算委員会で立憲民主党から質問された10万円再給付についての菅首相の答えが振るっている。立憲民主「コロナウイルスによって収入を失い路頭に迷う人々、命を落とされている方々が多数に上っている。政府の施策は届いているか?」菅首相「雇用を守り暮らしをしっかり支えていく。出来る限りのことは対応してきている。いろんな見方があり、いろんな対応策がある。政府には、最終的には『生活保護』と言う仕組みもある。しっかりとセーフティネットをつくっていく。それが大事だ。」でも菅さん、生活保護を受けるくらいなら死んだ方がマシだとする日本人がどれだけいるか知っていますか?日本人の矜持を逆なでしないでいただきたい。因みに生活保護受給者数約207万人のうち、日本国民の受給率はたったの3%である。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月27日

    ワクチン接種の順番




    いよいよ2月下旬から始まる日本国内での新型コロナワクチン接種だが、優先順位のトップに来る医療従事者たちの中でも<打つ、打たない>は二分されると聞く。日程表からみると私は4月以降の接種に該当するが、ここでとても気になるのが基礎疾患の定義とは何なのかである。厚労省が定義するワクチン接種における基礎疾患者を以下に抜粋してまとめた。「①慢性呼吸器疾患②慢性心疾患③慢性腎疾患④肝硬変⑤神経疾患⑥血液疾患⑦糖尿病⑧免疫抑制状態、喘息や慢性閉そく性肺疾患、誤嚥のリスクのある者、血行状態に障害のある者、透析患者、妊婦や小児、エイズ、悪性腫瘍、関節リウマチ、膠原病等」これに該当する人は基礎疾患患者として括られる。3か月ごとに検診を受けている私なんかが心配するのは中性脂肪やコレステロール、γ-GTPの数値である。これらの数値が超悪いと基礎疾患持ちになるのかと鬱々するが、ワクチン接種の日までこのナーバス感は続くのだろう。副反応については全世代を通じてネガティブなものの、全体から見れば接種をすることで集団免疫を得た方がメリットは大きい。でも接種に順番だなんてハリウッド映画を地で行くようだ。https://www.youtube.com/watch?v=VwQdbrJUpYs

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月26日

    広島80万人のPCR検査は無謀


    広島県が市内を中心に80万人規模で実施するPCR検査に疑問や心配する声が高まっている。2月上旬にも実施するとした県知事は「無症状者によって感染が広まる可能性が高い。大規模検査が感染拡大を抑え込む唯一残る方法だ。」というが幾ら無料とはいえ無謀な方策に見えるのは私だけではない。PCR検査について知事が参考にしたのは中国での半ば強制的に行われた検査だそうだが、ここで問題にすべきは陽性陰性の基準になる<ct 値>である。PCR検査とは唾液や鼻腔、口腔内に存在するコロナウイルスを取り出してそれを増幅させながらウイルス量を推定する検査。このウイルス量の数を<ct 値>と呼ぶが、この値の基準が国によって違うことを広島県知事に伝えたい。日本より基準が低い国で陰性だった人が日本に入国してPCR検査を受けた場合、陽性になることはザラにあるという。陽性陰性の判断になる数値に国際基準がないことはWHO(世界保健機関)の怠慢ではないかと思うが、因みに日本での<ct 値>は40で陽性と診断され、米国40前後、台湾35、中国では37〜40が基準とされているが、数値が高いほどウイルスが検出される。尚、PCRの手法を少し変えるだけで5〜7ほど数値は変わるのだとか…。広島県80万人の命運は不確実性の高いPCR検査によって混迷を極める。