株式会社 津幡石油        (tsubata sekiyu)

石川県津幡町のガソリンスタンド レンタカー・コーティング・タイヤ保管・車検・各油種の配達もOK!

0000046693.jpg

TOPページ ≫ The Lyrical Times

The Lyrical Times

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月25日

    東京618人検査数7161件




    濃厚接触者を追わないとした結末がこの数字。約7000件という桁が一ケタ違う検査数では感染者も618人は当然。大体10%前後で推移していることを考えれば検査数という分母次第でどうにでもなるという誰でも分かる理屈に怒らない者はいない。2月7日の緊急事態宣言解除に向けた布石を打つ理由の一つに中国の春節があるとする向きがある。(春節とは:今年は2月11日から17日まで続く中国の旧正月をいう。この時期に中国国民大規模な旅行などをする)

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月25日

    サムライで共演した二人



    仏の名俳優アランドロンと元妻ナタリードロンがクリスマスを共にしている。画像は昨年のものだが、息子のアントニードロンのインスタによって投稿されたものだ。ドロン親子の絆はSNSによって全世界に知れ渡ったが、1967年の映画「サムライ」で共演した二人の絆は53年後にデジタルの恩恵を受けて仲睦まじい老夫婦の一場面を飾った。21日、ナタリードロンが79歳で他界したその日、アランドロンは次のようにコメントした。「私は彼女の人生の一部であり、彼女は私の人生の一部でした」85歳のアランドロンは脳卒中で現在療養している。私もディスクに保存している、映画「サムライ」がブルーレイ&DVDで復活、予告篇。https://www.youtube.com/watch?v=T0veMphqXcY

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月22日

    石油業界の未来はバラ色か?



    石油業界の研究動画をご覧いただきたい。大手石油元売りに対して販売店側の悩みはサービスの停滞、及び収縮である。セルフサービス、フルサービスのどちらにとっても多方面にサービス事業を起ち上げられるかが生き残れるカギと思われる。2025年までに国内のガソリン車両の大多数はハイブリッド車に乗り替わられ、その3年後には電動化の波が押し寄せるだろう。2030年を待たずしてガソリンスタンド業界の大改革は待ったなしとなった。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月22日

    石油業界の協業作戦



    この18日に発表されたのが出光興産、日本ユニシス、スマートドライブによる「人と環境にやさしいまちづくり」。宮崎県国富町の敷地内をベースにした実証実験は2050年「カーボンニュートラル」への布石となるだろうか。一方、昭和シェルと日本ピザハットは2018年に新しい需要を掘り起こそうと東京渋谷にある「セルフステーション代々木店」と「ピザハット代々木店」を一つに集約して12月にリニューアルオープンした。昭和シェル敷地内にピザハットの店舗を設置、燃料補給とテイクアウトという2つのニーズを取り込んで購入者に利便性を高めてもらおうとするコラボ企画だ。でもピザ屋さんを取り込む案(コインランドリーやたい焼き、ドッグラン等)は私自身が20年前に事業計画の一つに上げていたものだったが、東京渋谷の店舗は消防法の規制に合致する構造なのかもしれない。この4月に出光興産と昭和シェルはそれぞれのマーク(歴史)を脱ぎ去り「アポロステーション」に生まれ変わる…。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月22日

    2021年の仕事TOP3



    この動画の中で一番気になるのが経産省が提唱する2025年の崖だ。世の中すべての仕事がデジタル化されるデジタル・トランスフォーメーション、DXの推奨である。2025年以降この計画が進まないと国内の需要が年間で12兆円の損失を出すとのこと。今、システムエンジニアの担い手不足は日本の喫緊の課題である。理系はもとより文系出身者にもDXに関われる2021年はポジティブな人にとって大きなチャンスになる。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月21日

    コロナ後遺症からの解放




    9月にコロナ感染した芸能人がくも膜下出血と脳梗塞を発症した。彼は50代半ばの人気芸人だが、退院した後にテレビで味覚嗅覚の後遺症に悩んだと聞いた。それから3か月間、知らず知らずのうちに血栓が出来ていた可能性は高い。お菓子好きでも知られていたようで生活習慣を正せなかったとしたら自明だったのかも知れない…。私たちはお金さえ出せば何でも手に入れられる社会に生きているが、その物欲は自制心と日々葛藤しながらも時に躊躇い、時に流されながら自由主義経済を享受している。コロナ禍において今後大切になるのは如何に自制する心を養えるかだろう。「唯物論」から「唯心論」を考えるいい機会だと思う。(唯物論とは:目に見える存在全てが物質だとする考え。対する唯心論は人間の精神、心がすべての根源とする考え。)https://www.youtube.com/watch?v=OChLCqytfEE

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月20日

    戦争のなかった4年




    「新しい政権が米国民に安定と繁栄をもたらし続けることを祈る」と声明を出したトランプ大統領の最後はビデオメッセージだった。過去40年に遡って米国が戦争を起こさなかった政権はトランプ大統領のみである。前大統領オバマは7度、ブッシュ5度、クリントン3度、父親ブッシュ5度、そしてレーガンも6度の戦争に関与した。トランプ大統領だけが米国軍人を守った唯一の指導者である。民主党バイデン次期大統領がこの後の4年間で戦争に関与しないはずがない。軍産複合体の闇のパワーが東アジアに多大な興味関心を抱いていることは自明だが、日本が中国韓国、そして北朝鮮の威嚇に脅威を感じる4年はあまりにも長くて暗い。今回の大統領選挙で唖然としたのは民主主義国家のお手本だった米国(ディープ・ステート)がソーシャルメディアを懐柔して真の愛国者を犯罪者扱いしたことである。また、日本の左巻きメディアがしつこく国民に刷り込んだトランプが生んだとする「分断」はオバマ政権の時から始まっていることだった。4年後、ドナルド・トランプはホワイトハウスに戻って来れるだろうか…。日本時間の今夜が就任式。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月19日

    WBS マスク姿でニュース




    この春からテレビ東京で放送中の「ワールド・ビジネス・サテライト」が11時から10時に放送枠が変更される。10時台のニュース番組といえばテレビ朝日の「報道ステーション」が知られているが、最近の執拗な偏向報道から視聴者の番組離れが囁かれていたところに勢いを持ち始めた「ワールド・ビジネス・サテライト」が名乗りを上げた格好だ。ここ数年、テレビ東京の報道スタイルは中庸から保守的な面も併せ持つ姿勢に変貌、これに好感を持つ視聴者を背景にした改編であることは自明の理かもしれない。米国はFOX以外みんなリベラルな局ばかりでニュースの信用性が疑われるようになったが、日本のキーステーションもそのほとんどがリベラルに軸足を置いた報道で視聴者は辟易している。特に地上波は目を覆うばかりで、SNSから発せられるツイッターの情報に右往左往している現状では真のジャーナリズムを名乗れない。私は中庸、並びに保守的想像力で報道スタイルを築きつつあるテレビ東京にエールを送りたい。その「ワールド・ビジネス・サテライト」が昨夜の放送でキャスターの大江麻理子氏とコメンテーター滝田洋一氏がマスク姿で登場した。キャスターのマスク姿に賛否はあると思うが少なくとも熱心な視聴者はそれを支持する。1月18日コロナ関連ニュース。https://www.youtube.com/watch?v=35zGRDLvOqA

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月18日

    リモート会議で職を失う人々




    先週末にプライベート以外でテレワークをした。2時間以上の会議は複数での実施だったせいか多少の疲れを感じたが、何てことはない全てが問題なく進行して終了した。昨年末にも東京にある会社と対面でリモートしたことがあったが、多人数でのリモート会議はいい経験だったと思う。我々の業界も二度目の緊急事態宣言初出でいろんな部分にしわ寄せが及んできたが、当事者よりもそれを準備する関係者の方に与える金銭的な損失は甚大だろう。ホテル側や下請け業者はもちろんだが人を運ぶ交通機関にも多大な悪影響は避けられない。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2021年01月15日

    なりすまし暴動犯サリバン逮捕




    いよいよ決戦。オバマゲートの機密文書を公開するとトランプ大統領。下院議長ナンシーペロシの父親がケネディ暗殺に関与したことが明るみに出るなどDSへの圧力は高まる一方だが、軍によるエマージェンシー・アラート・システム(EAS)の発動カウントダウンはいつだろうか。