株式会社 津幡石油        (tsubata sekiyu)

石川県津幡町のガソリンスタンド レンタカー・コーティング・タイヤ保管・車検・各油種の配達もOK!

0000046693.jpg

TOPページ ≫ The Lyrical Times

The Lyrical Times

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年06月04日

    世界のデモは中共の思うツボ




    米国で起きたデモが欧州に伝播されている。フランスやオランダの大規模なデモはSNSの動画でアップされているが、どうにも確たる動機に乏しく感じるのは何故だろうか。米国では中国人留学生三人がデモを煽動したとして逮捕されたが、彼らは中国領事館の指示を受けたと話した。指示とは一体どんな内容のもので誰によるものなのか想像するだけで世界は赤く染まっていく。天安門事件から31年、中国共産党が制圧の正当性を主張する。https://www.youtube.com/watch?v=NCHZn3nS6TM

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年06月04日

    肺胞の30%を壊死させるコロナ



    球界の盟主と謳われた時期もあった伝統ある読売巨人軍にコロナ感染者が出た。よりによってチームの柱である坂本隼人選手の罹患に衝撃を受けたファンは多い。肺胞の30%を壊死させるという新型コロナウイルスの特徴は前にも書いたが、アスリート等にとっての肺は一般人の2倍以上の働きが必要な臓器である。その肺が70%しか使えないとなると彼らのプロ生活は短命と予想されるが、同じ感染者だった阪神タイガースの藤浪投手は先日の紅白戦で途中から登板したものの3イニング目に突然崩れたという。交代直前の球速は140キロ前半という彼にとっては屈辱のスピードだった。まだ26歳と若い藤浪投手を襲ったコロナウイルスは彼の生命線である球速と体力をも奪ったとみるのが適当ではないだろうか。引退間際の投手が出すような球速では一軍は難しい。冒頭の坂本選手は今シーズン2000本安打を目前に控えているが、果たして120試合での達成はあるのだろうか。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年06月03日

    エアコンの買い替え時は今




    10万円がまだ来ない、の続き。「特別定額給付金」が懐に入ったら先ず何を買うのが適当なのか。これから始まる蒸し暑い時期を乗り切るために、熱中症とコロナの2トップからゴール(命)を守るために何を最初に買うべきかは火を見るより明らか。ズバリ、それはエアコンである。10年以上使用しているのならこのタイミングでエアコンを買い替えよう。家電の中でも「壊れてからでは遅い。」と言われる冷蔵庫に次ぐ隠れた代表的な製品、今のエアコンは電気代が超安くなる上に性能が各段に向上している。給付金で買うナイスな家電のNo.1はエアコンで決まり。https://www.youtube.com/watch?v=AGq-3ZsMVBQ


  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年06月03日

    品川区民 幸せになる?




    10万円がまだ来ない。今か今かと心待ちにしている人(ほぼ国民の全員)にとっては死活問題になりかねないコロナ対策「特別定額給付金」だが、拠出した後に政府と財務省が<コロナ 特別税>の名目で国民から全額徴収(取り返す?)するのではないかという噂が舞い込んできた。財務省が2011年に起きた東日本大震災の復興に必要だとして2013年から国民に等しく徴収している<復興特別税>と同じ論理で語られる話は出所が金融機関からなので信ぴょう性は高い。そうなれば徴収課税先となる所得税や住民税、そして法人税等はまた上がることになるが(復興特別税については2013年からの25年間、所得税額が2.1%上乗せされ続ける。)そんな中で政府の10万円とは別にコロナ給付金を出す自治体が現れた。「しながわ活力応援給付金」と銘打った提案は東京都品川区が独自に実施するもので、区民1人当たり3万円を給付する他に中学生以下には1人5万円給付としている。予算に組み入れて今月の議会に諮るということだが、コロナを震災と見なせば後からくる<課税>というシワ寄せは免れない。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年06月02日

    東京アラートは大原則が基本




    東京は都合のいい解釈をする人間の集まりなのか、それともカネの亡者ばかりが蠢く伏魔殿なのか、そのどちらをも併せ持ったとする日本の首都は今日34人の感染者数を出した。昨日『 ステップ2』に移行したばかりだったのにこの醜態は単に首長だけの責任ではない。マスメディアも一緒になって「さぁ、解除だ動け動け、カネを回せ回せ!」とばかりにニュースやワイドショーが叫び倒したことでウイルスが消えたような錯覚に陥った。この後に来る2週間後の感染数が三ケタにならないことを祈るだけだが、スポーツジムを『 2 』に入れたことへの根拠ある説明(過去にクラスターを出したジムだけ国の基本的対処方針に沿わせた。)がない今、都心の惨状は想定内となろう。東京都にとっての命の尊さとは諺にある<親の心子知らず>と同様にその立場によっては都合よく解釈される代物となっている。26日東京都のロードマップ改定。https://www.youtube.com/watch?v=v-yxB4nTblY

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年06月02日

    ANTIFAはテロ組織なのか



    「アンティファ(ANTIFA)をテロ組織と認定する。」米国トランプ大統領は6月1日にツイッターで公言した。アンティファ運動を簡単に説明すると共産主義を中心にした個人からグループで構成される<反ファシスト>を主張した活動組織だ。ウィキペディアによると通常は『ANTIFA』の略称で行動しているが、グループの多くはファシズムの理解の中に戦争、性差別、人種差別、同性愛嫌悪などに関連する諸問題が含まれていると認識し、さらには企業利益や政府、軍隊も含まれるのだという。以上から察するにちょっとヤバくないか?的組織の印象だが、今ワシントンで見られる統制の取れない凄まじい暴動を見る限り、世界は100年前にフィードバックした。日本でも都内で起きるデモ行進の中にアンティファの旗が多数見受けられる。因みにアンティファを名乗る人々は黒装束が特徴で国際会議周辺にいる警官隊を襲撃したりするが、特定の指導者がいるわけではなくSNSで緩やかに繋がっているに過ぎないとの指摘もある。安倍政権反対デモ東京新宿。https://www.youtube.com/watch?v=JmrsINzKbeY


  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年06月01日

    Web面接やAI採点で就活再始動



    6月から大学生を中心とした就活が再始動した。学生と触接しないWeb面接やAIで採点する企業もある中、4月末時点で採用面接を受けた学生の35%が内々定を受けているとマイナビが伝えている。対面勝負のアピールは口角と声を一段上げることが大事だ。


  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年06月01日

    抗体検査で感染歴を追え




    新型コロナウイルスへの感染歴を調べるための抗体検査に使う血液採取が東京都内で始まった。この検査で分かることは無症状や回復した人も含めて過去に感染した痕跡が確認できることである。医療現場や教育現場で有効に働くと思うが、制度が少し低いことが課題とされる。PCR検査をしろしろとうるさく言っていた医療関係者(利権がらみが疑われている)にとっては悲報だろう。ここで何度も言うが、日本の医療従事者を救って崩壊をも防ぐのはPCRではなく抗体検査だと思う。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年05月29日

    コロナで集客力失う書店




    「かつての日常を取り戻そう‼」などとラジオから有名人がリモートを使って話しているのを聞くたびに「この人もオワコンなんだろうか」と残念に思う今日この頃。左様にコロナと言う厄介な輩は人間の感覚までをも侵してしまう悪魔のウイルスである。29日、西日本新聞の電子版が福岡市天神のジュンク堂書店福岡店の営業が休止されると配信した。入居しているビルの再開発に伴う移転先の目処が立たなくなったことが原因らしいが、このコロナ禍で大企業や教育現場で行わているリモートワークがしっかりと市民権を得た今、市場から退場せざる得なくなる実店舗ビジネスは今後も多くなりそうだ。出版業界関係者曰く「出版不況が続く中、強い集客力で地元を盛り上げてきた店舗だけに営業休止はショック。出版社の市場縮小にも繋がりかねない。休止中の影響は必至で先行きも不透明。業界は喫緊の対応を迫られる。」と話すが、もはや書店に”強い集客力”など無くなっていることを自身が吐露したことに気づかない。どんなに工夫しようとも人を集めるビジネスはコロナと言う悪魔に手を貸すことになる。新しい日常に旧来のビジネスモデルは通用しない。ジュンク堂閉店。https://www.youtube.com/watch?v=_PnnG9YoE8s

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年05月28日

    10万円はいつ届く




    「特別定額給付金」は4月20日に総務省から号令が掛けられてスタートした。我が家の10万円申請書は日曜日に投函済みである。オンラインでの申請がミスの連続で給付自体がどうなるのかと心配したが今度は一体いつ届くのかが気になりだした。週刊FLASH6月9日号が全国132の自治体給付リストの一部を電子版で紹介した。発送の最速は青森県八戸市の5月8日で最も遅いのは高知県高知市だそう。申請書が届いてから振り込みまで3〜4週間かかるらしいが、大都市東京23区では2週間から2か月までと区によっては1か月間の差が生じるが、中には緊急性の高い人に先払いする区もある。182万世帯と最大の世帯を抱える横浜市は5月29日からの発送で6月上旬より順次振込まれる見込みと伝えられている。因みに北陸は富山が5月27日発送で6月中旬からの給付、石川金沢は22日からの発送で給付は6月から、福井は5月20日送付で下旬から給付されている。(各自治体のホームページに準拠した。)22日までに全国73%が開始。10万円は届いた?https://www.youtube.com/watch?v=khxm7tWguV8