株式会社 津幡石油        (tsubata sekiyu)

石川県津幡町のガソリンスタンド レンタカー・コーティング・タイヤ保管・車検・各油種の配達もOK!

0000046693.jpg

TOPページ ≫ The Lyrical Times

The Lyrical Times

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年08月18日

    電気代半額で死亡率は減る



    このニュースが本当ならコロナより熱中症の死亡者率が高いということになる。東京では救急搬送されてもコロナウイルスの防御をしてからでないと処置しないと聞くが、熱中症の方が時間との戦いなのに何とも本末転倒な話で笑うに笑えない。日本では夏のエアコン使用時の電気料金を問題にするメディアは皆無だが、せめて7月〜9月の3か月間だけでも一般家庭の電気代を半額にできないものだろうか。そうすれば死亡率はかなり減ると思うが電力会社を向こうに回す勇気あるところなどない。日本の対応はコロナウイルスと同じで国民の命は軽んじられている。因みにタイのバンコクでは一年中暑いのでエアコンはつけっ放しだそうだが、電気代は安いのだろうか。(タイの電気代:単身で住む場合と家族で住む場合とで大きく異なる。電気料金の月平均が一日中エアコンを使用した場合で単身は4500円程度、家族の場合は日本と同程度で決して安くない…残念。1バーツ=3.39円)

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年08月17日

    白百合学園に見る矜恃


    このお盆は生まれて初めてどこへも行かず家のDIYに終始した。日曜日を含めれば4連休となったが、人間それなりに仕事を見つければ連休も短く感じる。たまにテレビに目を向ければ五輪の中止や高校野球が影響しているのだろう、NHKを筆頭にアーカイブまがいの作品ばかりでは視聴率も上がるまい。そんな中で私の心を揺さぶったのがツイッターで投稿された白百合学園の女学生の姿。上記の画像では通学路の途中にある靖国神社に向かって女学生が会釈しているのが分かるが、英霊たちにとっては何にも代え難い慰めではないか。学園では「さようなら」の代わりに「ごきげんよう」と言葉の品格教育もしていると聞く。因みに校訓は「従順・勤勉・愛徳」。今年のお盆で一番清々しい気持ちになった場面である。日本はまだまだ捨てたものではない。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年08月15日

    亡父の魂を見る映画



    映画「日本のいちばん長い日」1967年版の予告篇である。毎年この時期に放送されていた昭和時代の戦争映画ではこれが秀逸(記憶に残る)の作品だったと思う。物心がついたころから父親と一緒に観るのが恒例だったが、時々見る父の横顔が鬼気迫っていて冗談の一つも言えない茶の間だった。その後、2015年に同名の作品を劇場で観たが、平成版は正直に言えば戦後生まれのマインドで作られた似て非なる作品、ポップコーンを食べながら観られる映画だ。戦争の狂気はそれを経験した者にしか表現できない。終戦のこの日、平成版がCSで放送される。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年08月12日

    モーリシャス島の悲劇


    ここ最近のラジオは「髭男」たちの楽曲が流れる回数が多い。このコロナ禍ではこのような楽曲が耳にいいのだろうが正直食傷している。そんな中、遠いインド洋のモーリシャス島から深刻なニュースがリリースされた。7月26日に日本の商船三井が運航する貨物船「わかしお」がブラジルへ向かう途中に座礁、救助作業を進めていたところ6日になって損傷部分から燃料の重油が漏れ出し、島は重油の回収をするもお手上げ状態らしい。モーリシャス島とは「インド洋の貴婦人」と呼ばれる日本人にも人気のある常夏のリゾート地である。現地には商船三井の社員が数名入ったらしいが、日本が責任を持って早急に重油を回収しなければ住民の健康と島の生態系は危険な状態になる。船籍はパナマ、船主は岡山県笠岡市の長鋪(ながしき)汽船。モーリシャス。https://www.youtube.com/watch?v=a2DOdg-MMGI

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年08月11日

    セブンアプリ復活ペイペイに対応


    以上エキサイトニュース電子版より引用。


  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年08月11日

    蔡英文氏 表紙になる




    李登輝氏の弔問に日本からの代表として森元首相が台湾を訪問した。蔡英文総統との会談では総統が表紙になっている日本のコミック誌を手渡したが、ちょっとしたシャレになったようで場が和んだことは結果オーライか。しかし森さんが弔問時に述べた日台関係の強い絆は大きな意味を持つ。我々石油業界の人間からすれば台湾は原油タンカーの大事なシーレーン域、中国にとっては最大の難所だが、逆にここを破られると日本が危険に晒されることを知ろう。https://www.youtube.com/watch?v=j85rAqJnZlk

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年08月07日

    スパイ防止法は100%必要



    いよいよスパイ防止法の機運が高まってきた。スパイ天国の日本において国家機密がダダ漏れしている現在、中共の1000人計画をつまびらかにするべく国会で論議する時だ。因みに上記の映画製作はNHK である。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年08月07日

    バイデン認知症だって




    米国民主党の大統領候補のバイデン氏がここのところ表に出てきていないようだ。大統領選挙まで100日を切ったのにアグレッシブさに欠けているのは何故だろうか。言葉が出てこない初期の認知症だと米国の一部で言われているバイデン氏の情報は本国で知らない人がいないと聞く。日本のマスメディアはバイデン氏のこうした報道を一向にしないが、新聞テレビしか見ない日本人に対する情報操作はそろそろ限界ではないか。SNSでは日常のようにバイデン情報が米国から投稿されていることを知ろう。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年08月07日

    サカナクションとパトロン




    さかなクンがNHKの朝の情報番組「あさイチ」に出演しているのをチラッと見た。最近特にNHKで彼を見かけるが需給の関係が一致しているのだと思うが、それはそれとして私的に気になったのが板付きのテロップである。<サカナクションも大好きなさかなクン>両者の出会いは5年前のNHK玄関前だったそうだが、サカナクションについては残念な思いが抜けないでいる。先週末のTBS情報番組内でリーダーが発した言葉だ。このコロナ禍でことごとくライブが中止になっていること嘆きながらも堂々と「パトロンっていないっすかねぇ」と言い放った。「ユニクロとか前澤さんとかかねぇ」笑いながら具体的な企業や個人の名前を出すあたり、ミュージシャンよりロビィストが似合うと思うが、パトロンをねだると自分たちの音楽を見失う恐れがあるので要注意ね。サカナクション「新宝島」と米米クラブの「シェイクヒップ」楽曲を比較。https://www.youtube.com/watch?v=6NhJ7-d-1UY

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年08月07日

    悲しき都民とフリップオバさん




    「特別な夏」と何度もオウム返しのように説明する東京都知事の「帰省しないでコール」は定番のフリップを掲げながらの女帝ポーズ。この人はよっぽどフリップが好きなのだろうと思いながら会見での内容を聞いていくうちに「何か数字ばかりで心がこもってないねぇ」他人事のように聞こえるのは私だけか。このままフリップオバサンに振り回され続ける悲しき東京都民の明日はどっちだ。(丹下段平調)全国の感染者1484人、東京都知事「帰省は控えて」https://www.youtube.com/watch?v=g7tzqHOvwks