株式会社 津幡石油        (tsubata sekiyu)

石川県津幡町のガソリンスタンド レンタカー・コーティング・タイヤ保管・車検・各油種の配達もOK!

0000046693.jpg

TOPページ ≫ The Lyrical Times

The Lyrical Times

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2019年11月19日

    想像力を100倍吹き飛ばす会話



    1分20秒から話される核心を突く内容に視線が監督にしか向かなくなる。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2019年11月18日

    SONG TO SOUL 時を遡る一夜




    日曜夜の11時はBS-TBSの「SONG TO SOUL」を毎週見ていた。我々世代にとってはノスタルジーに浸れる唯一の音楽番組。他局でも音楽番組はそれぞれのコンセプトで存在し人気があるが「SONG TO SOUL」は1曲を1時間かけて掘り下げていくコアな構成が受けている。その昭和世代の垂涎番組がこの10月から火曜日の同じ時間帯に変更となった。毎週見ていた訳ではなかったが6回分を見逃したことになる。11月26日の放送回はKissの「ロックン・ロールオール・ナイト」。Kissは12月にバンド最後の来日公演(ツアー後引退するとの話)を予定しているが、東京ドームのチケットを持っている私のカミさんは今から心ここにあらずの様相。「大丈夫だから行ってきて。」昔から音楽演劇鑑賞などに寛容な私だがコンサートは平日に行われる。Kiss「SONG TO SOUL」Clip1。https://www.youtube.com/watch?v=ssI6oRvhNh0

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2019年11月15日

    男を縛る7つの大罪



    今どきの女性が考える一般的な普通の男条件。①年収500万円以上、②大卒、③身長170センチ以上、④正社員、⑤長男以外、⑥清潔感がある、⑦常識やマナーがきちんとしている、以上7つの条件をクリアする男性が日本にどれだけいるのか甚だ疑問。この手の価値概念は昔から存在していたが、1960年代に言われた「家付き、カー付き、ババァ抜き」や、80年代の「高学歴、高身長、高収入」とは比較にならないほど非現実的な価値観である。実際には八掛けで折り合いをつけないと互いが不幸を背負うことに...。「普通の男を求めて」https://www.youtube.com/watch?v=LEe-5L_tD94

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2019年11月14日

    ドキュメント72時間 年間ベスト



    毎週金曜日の夜にNHKでONAIRされている「ドキュメント72時間」。2006年からスタートした人間模様の定点観測番組は現在第二期に突入しているが、番組のベストラインナップを決める投票が現在Web上で展開されている。私が面白いと見たのは「秋田 真冬の自販機の前で」(2015年3月放送)辺りだから視聴者としては新参だ。HPのアンケートから検索すると過去1年分の放送タイトルがクレジットされているけれど一つを選ぶとなるとかなり迷う。「新宿 僕らがバンドを組む理由」「仙台 相席ラウンジ」「福岡 早春の不動産屋」「長崎 さよならフェリー」「さらば東京! 移住相談センター」「北の大地 献血バスが行く」記憶に残った以外でも「大阪 渡し船片道1分の人生航路」は外しがたい。”ながら見”から始まった72時間も今では欠くことのできない番組になっている。「もう一度見たい72時間 募集中」投票はコチラへ。https://www4.nhk.or.jp/72hours/

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2019年11月13日

    ガソリンを利用するプロパガンダ




    竹田恒泰氏は言わずと知れた明治天皇の玄孫である。TVに出演しながら何人(なんびと)も恐れない歯に衣着せぬ発言は一服の清涼剤になるが、その竹田氏の講演が開催直前になって中止された。富山県朝日町の教育委員会が主催する講演会は「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」というテーマで地元の中高生を対象に竹田氏の世界観が話される予定だった。北日本新聞によると「朝日町役場に妨害予告の非通知電話があったことを受けて中止に踏み切った。」とあるが、この記事には主語がない。竹田氏は「ガソリンを撒くとの内容だった。」とツイートしているが、これが事実なら再びガソリンが武器にされたことを所轄官庁は重く受け止めなければいけない。あまりに簡単に危険物が購入出来るシステムを見直す動きは最終的にGSに委ねられた(来年2月から規制による本人確認が義務付けされる。)が、店側の権限については定められていない。今起きている香港の状況が飛び火しないとも限らない中にあって、今回の脅迫が只のブラフであればいいが、ガソリンが左派(?)のプロパガンダに利用されるのは御免被りたい。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2019年11月12日

    アマゾンvsヤマト


    ここのところ毎週末は自宅前のエントランス補修に時間をかけている。10日の日曜日で3回目になるが、素人の私でも回数を重ねると少しは上達するのだろうか、固まる「防草砂」という商品はしつこい雑草を生えにくくして表面を滑らかにする凝固剤である。マンションから一戸建てに引っ越して以来雑草には悩まされ続けているが、一度市販の除草剤を撒いて他の樹木を枯らせてしまった苦い経験が私の合理的思考を封印して新しいことを試せなくさせていた。それからの数年間は辛抱強く手で草を取り除いてきたが、本音をいうとそろそろ体の限界である。11月の初旬、欅が矢継ぎ早に落葉しているのを見た私はアマゾンの中にいるもう一人の私に助けを乞う。彼が出してきた「防草砂」という商品は短時間で砂が固まり草が生えにくくなるのだというが、口コミはすこぶるいいものの難点は商品の「荷受け」が悪いことだった。12日、東洋経済誌は「アマゾンの仕事が戻らない」と題する記事を配信したが、2017年にヤマトがアマゾン配送の運賃を上げた反動がここにきて収益を圧迫していると指摘、この10月にアマゾンに対する荷受けを事実上値下げしたと報じた。結局近所のHCで購入することになった「防草砂」は誰にでも簡単に施工できるスグレモノだった。家の補修を自身でするような性格ではなかった私だが、新しい発見にめぐり合えることは何にも増して幸せなことである。https://www.youtube.com/watch?v=ndQxYFGquOs

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2019年11月11日

    香港警察の尋常ではない暴挙



    東京ではその時間「祝賀御列の儀」が執り行われ、天皇皇后両陛下のパレードに日本全国が祝福の旗を振ったが、中国香港では民主化を叫ぶ若者たちが香港警察によって見境なく拳銃発砲され殺されている。この動画はごく一部であるが、この混乱を収拾する力がない(つもりがない?)香港行政府はこの後何人の若い命を失わせれば気が済むのか。中国共産党による制圧は人民解放軍投入一歩手前に来ている。香港警察 若者に実弾発砲 路上で3発 1人重体。https://www.youtube.com/watch?v=Sxf5N79RsO0


  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2019年11月09日

    ドアを開ける「Spot Mini」



    何だかおぞましい動画のようで...。こんなのがドアを開けて入って来たらビビりそうだが、一連の動きのモチーフは1993年の映画「ジュラシック・パーク」へのオマージュか。「Jurassic Park」the Kitchen Scene https://www.youtube.com/watch?v=TnWNyKqI3Bc


  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2019年11月08日

    日本海側 15日から寒い?




    気象庁気象研究官からの情報。一週間後の15日からは冬型の気圧配置が北海道から北陸までの日本海側を覆うらしい。 寒気がドバっと来て低温日が続くというが、研究官の言葉を借りると北海道や東北日本海側の降雪は例年よりも多くなるとのこと。 我々の業界(特に降雪地帯)では毎年初雪予想を立てるが今年は12月の初旬と推測されていた。今のところ全国的に日中の日差しが想定外に暖かく暖房は朝晩の電気エアコンで十分だが、今週末にでも灯油暖房器具を押し入れから引っ張り出してメンテナンスをしてみてはどうか。掃除しないまま使用すると着火しなかったり、白煙が出たりするので要注意。とにかく一週間後の15日は最低気温が1ケタになると思って冬支度の準備を...。ウエザーニュースLIVE 11月8日気象情報ライブ配信。https://www.youtube.com/watch?v=yNUmYPopXvU


  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2019年11月07日

    病院男 再登場




    夏に受診して以来久しく病院男から遠ざかっていた私。この連休中に受診予定日に気づいたものの、過食し続けていたツケは胴周りを見れば明らかだ。「あちゃー、ヤバいよ、今日の明日じゃ一夜漬けのダイエットもできない。」翌朝、案の定中性脂肪の値は基準の倍を記録した。主治医「あー、脂肪肝ですね。会合でも続きましたか。ウォーキングはもうお止めになられた?」体重計の数字をパソコンに打ち込まれた挙句にプライベートの中身まで詮索されては返す言葉もない。私「え?脂肪肝?いやー何でかなぁ、スマートウォッチで管理してるんだけどなぁ...。」数値を見ればこんな嘘は子供でも分かるのに体裁を取り繕うだなんてどうかしているが、主治医も私のような患者は日常茶飯事で対峙しているのだろう、事務的な言葉だけを返した。「次は年明けで宜しいですかぁ?正月太りで数値が今以上になりますと投薬処方になりますから気を付けてくださいね。」こんなやりとりの向こう側で社会保障費がドンドン膨らんでいく。逆流性食道炎とはhttps://www.youtube.com/watch?v=ZyxbEMCnqss