株式会社 津幡石油        (tsubata sekiyu)

石川県津幡町のガソリンスタンド レンタカー・コーティング・タイヤ保管・車検・各油種の配達もOK!

0000046693.jpg

TOPページ ≫ The Lyrical Times

The Lyrical Times

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年12月23日

    野村萬斎チーム解散




    東京オリ・パラの開閉会式演出チームが解散した。今までの予算枠91億を大幅に超えた130億円が無駄にならないように考える後任者の苦悩は計り知れない。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年12月22日

    言論統制始まる



    米国トランプ大統領のツイートは相変わらずツイッター社の監視下にあるが、ついにその監視がツイッター民にも及んできた。言論統制は全体主義そのもので民主主義に大きく逸脱する行為。昔はマスコミがその対象になっていたものの今ではSNSがその役割を担わされている。ツイッター上では何人もの同士たちがアカウントを凍結されたまま復帰できていない。因みにザッカーバーグCEOの妻が中国人だという事実を知らない人は多いが、フェイスブックはもとよりツイッター、ユーチューブまでもが中共の手先になり下がった。GAFA4社ともチャイナマネーの恩恵を受けていることはとっくに周知だが、さきほどバイデン次期大統領のSPに中国人?を雇っているといった画像が届いた。これははびっくり!

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年12月22日

    アビガン承認されず




    新型コロナウイルスの治療薬として日本製の「アビガン」が厚労省の承認申請から外れた。継続審議という政治色の強い言い方に憤りを感じる国民は多いと思う。審議会で行われた審査の結果「現時点のデータで有効性を明確に判断するのは困難」との見解は医療ビジネスの縦割りに原因があるのではないか。中国や台湾でアビガンの有効性が評価されていたのに日本国内で承認されないわけを明確に知りたい。厚労省は「詳しい審議の内容は企業秘密」だとしているが、富士フィルム富山化学側は「地検で有効性を確認できたにも関わらず、継続審議になったのは残念」とコメントした。一体厚労省の目的はどこにあるのか見当がつかない。因みにファイザーやモデルナのワクチン接種は欧米ですでに始まっているが、接種後に副反応と見られる症状で倒れた医療従事者の姿がテレビで暴露された。米でファイザー社のワクチン接種後にアレルギー反応出る。https://www.youtube.com/watch?v=1EO2tUZ2OeE

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年12月21日

    空港検疫は事実上のスルー




    厚労省は20日、海外からの成田と羽田、中部、関西の4空港に到着した男女25人が新型コロナウイルスに感染していたことを発表した。ってニュースはその内訳を公表しないが上記の表でも分かるようにほぼ倍の外国籍者が検疫に引っかかっている。都合の悪い事実は隠されるか、小さな新聞記事で確認されるだけになった。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年12月18日

    ナイキのロゴ折られる



    ナイキのロゴマークが折られたパーカー発見。さすがに折った手がミッキーだなんて口が裂けても言えないが何てナイスなんだろうか。購入したい向きにお知らせ情報を右下に明記。ナイキの企業姿勢なんて簡単に折ってやるぜ、といういい見本。ちなみに色がティファニーカラーで9,200円は税込だ。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年12月18日

    PCR検査の説明書




    年末帰省や旅行、又はビジネスでPCR検査を受ようとする人々が新橋や新宿歌舞伎町にあるPCRセンターに列をつくっているニュースに一撃を食らわせるようなツイートが投稿された。この説明書を読めばPCRが医療ビジネスになり果てたと思うだろう。擬陽性や偽陰性を含めて冷静に考えるには十分である。翌日分かる2900円のPCR検査。  https://www.youtube.com/watch?v=wEucKNfcl8Q

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年12月17日

    国民への裏切り六人衆




    政府がこれでは国民はついていかない。どんなに「軽率だった」と言われても誰の胸にも響かない。この厚顔無恥の行為で日本中のビジネスシーンは実質的に言うことを聞かなくなるのではないか。それにしても彼らの功績を考えると正直言って「騙された」とのそしりは免れない。特に下の三名は『功成り名を遂げた』プライド高い御仁たちである。昔から金と地位を得た人間は最後に名誉を欲しがるというが、現政権と会食しても名誉なことなどない。また一つコロナが世の裏側を暴いた。(六人衆とは:江戸時代に徳川の側近として六名が日常雑務を担っていた)https://www.youtube.com/watch?v=EEy5J7cbTMM

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年12月16日

    GoTo停止でも疾走します


    28日から1月11日までの正味2週間の停止を余儀なくされた観光業界、その前日まで「キャンペーン止めろ!」と騒いでいたメディアは一斉に旅行代理店の怨嗟を「キャンセル殺到で甚大な被害!」と報じた。こんなコウモリ的日和見論調にはついていけないものの、政府の「GoToトラベル」停止を無視して独自で35%割引を実施するリゾート会社が現れた。湯快リゾートで有名な星野リゾートは予約時のままの料金で滞在してもらおうと35%割引を継続するとした公式コメントは初志貫徹を思わせるが、地域の住民や自治体に安全安心を与えられるのかは定かでない。いかに感染対策を万全にしても観光客次第であることはコロナウイルスの常識となった感があるが、非協力的な場面に出くわした時のスタッフ対応が大切になる。何度も言うけれど消費税をゼロにするだけで国民全員が恩恵に預かれる。所得税の減税も必須だ。https://www.youtube.com/watch?v=XadlANlAmcs


  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年12月15日

    ウイルスは共存しないのか




    11月にインフルエンザの予防接種を打ったが全国的な流行の兆しが全くないのはどういうことか。医療専門家の間には「ウイルス同士は共存しにくい」なんてことを聞くが確信を持てない。上記の表を見る限りインフルエンザは死んだも同然な数字に見えるが、マスクや手洗いなどを励行している日本人の生真面目さが奏功しているのなら古代からの遺伝子に感謝すべきだろう。ところで連日コロナウイルスとの苦闘がテレビで報じられている医療従事者たちだが、彼らには政府の推奨する「働き方改革」は当てはまらないのだろうか。夏以降「GoToトラベル」を利用して旅行に行く人々とそれを受け入れる観光業界は国民の税金で互いに潤ってきたが、キャンペーンの全国一斉停止で「欲求のマグマ」がどこへ行くのか分からなくなった。コロナ戦線を闘う医療従事者は働き方を変えることが出来ないまま年を越す。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年12月14日

    一人5万円でもOKです菅さん




    一人10万円の特別給付金の支給が決定した4月から半年以上が経過した。国民全員に行き渡った10万円の行き先はそれぞれだっただろうが、ここにきてコロナ感染者は検査数の影響で大きく伸び続けて春以上に苦境に立っている個人や業界は多い。秋口に2度目の10万円給付の話題が出たが「緊急事態宣言が出てない」ことを理由に麻生財務相は否定した。第3波と呼ばれる現在のコロナ感染者数は春先や秋口とは比べようもないほどに逼迫している。政府は約13兆円の支出に懲りたのかコロナ用財源の7兆円が宙ぶらりんのままでその行き先は一向に見えない。年末に帰省することができない人にとっては半分の5万円でも大いに慰めになるのだけれど…。