株式会社 津幡石油        (tsubata sekiyu)

石川県津幡町のガソリンスタンド レンタカー・コーティング・タイヤ保管・車検・各油種の配達もOK!

0000046693.jpg

TOPページ ≫ The Lyrical Times

The Lyrical Times

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年07月30日

    李登輝氏の容態




    台湾の李登輝氏が入院したとのことだが、李氏は台湾の民主化に尽力した偉大な政治家である。私が李登輝氏を知ったのは1988年の総統就任の頃だったと思う。李登輝氏は日本を運命共同体として大きな信頼を寄せていたが、97歳と高齢で誤嚥したとする報道が正しいなら非常に厳しい状況ではないか。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年07月29日

    ついに消費税減税か10→5へ



    禁断という言葉があるが「ある行為を固く禁じる行為」と訳されるその禁断が解き放たれそうなニュースが報じられた。新型コロナウイルス感染拡大による景気悪化はこの先も避けられないとみた安倍首相は伝家の宝刀である消費税減税を検討し始めたという。税務会計経営情報サイト「Tabis Land」が電子版で伝えた内容は「官邸主導で動き出した減税論は財務省トップとともに10月選挙を視野に入れて進められている。」また与党サイドも「GO TOキャンペーン以降の景気浮上に確信がもてない中で消費税減税は現実味を帯びてきた。」と同調する動きらしい。野党もこれには反論できないだろうから総選挙は安倍政権にとっての信任選挙になる公算大だ。減税額は8%どころか5%まで一気に下げる可能性もあるというが、財務大臣は「消費税減税なら解散総選挙の大義名分になる。」と指摘したという。財務省は七月の人事異動で太田充主計局長を事務次官に昇進させたが、太田氏は森友問題で窮地に立っていた佐川氏の代わりに国会を沈静化させた功労者。太田氏をトップに昇進させたことで官邸と財務省内の障害は取り払われた。とにかく我々中小零細事業者にとって、いや日本国民にとっての消費減税は何にも増した超のつく朗報で、それは一日でも早く実行してほしい施策だ。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年07月28日

    定額給付金断トツ




    新型コロナウイルス対策に使われた支援事業資金の一覧。断トツで使われたのが国民一律の定額給付金でその合計金額は11兆8500億円。続いて使われたのが件数は少ないものの実質無利子無担保融資で政府系と民間金融機関の分を合計すると定額給付金を抜く17兆1768億円。マスコミが話題にしていた持続化給付金は金額が小額だからか2兆7900億円に留まっている。しかし大学生を子供に持つ親としては学生支援緊急給付金の少なさに注目したい。正直な話、大学生たちの日常はキャンパスに入れないまま自分の部屋でリモート授業を強いられている。ここは低く見積もって学費は実費又は半額にすべきではないか。特にこの春、入学式も出来なかった一年生たちは楽しみだったキャンパスライフのない日々が続くことで心が折れた学生もいるだろう。政府文科省はここも丁寧に救済すべき。(数字はいずれも更新日を参照。)

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年07月28日

    内閣官房からの感染症対策


    内閣官房からアップされている新型コロナウイルス感染症対策のホームページが便利だ。評判の良くない接触確認アプリ「COCOA」もここで簡単にアクセスできる。各種支援では個人から企業までの資金支援がまとめて閲覧でき、PDFでダウンロードできるようになっている。ガイドラインは業種別から構成されているが自分のいる業界の省庁も分かるので将来にわたって学べる。一度サイトで調べてみるといい発見があるかもしれない。https://corona.go.jp/

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年07月27日

    BLMに浸透する中供の呪い



    メジャーリーグが24日(日本時間)から開幕した。日本ではNHK-BSとCSのJSportsが中継したが、LAエンゼルス対OAKアスレチックス戦は無観客でスタート、チーム初ヒットが大谷と幸先はよかった。その中でちょっと気になったのがオークランドのピッチャーズマウンドの後方に刻印されていた「BLM」という文字。ブラック・ライブズ・マターの頭文字をとった「黒人の命を軽んじるな」運動が全米に拡散している現在、プロ・スポーツの現場にもこの運動が持ち込まれては複雑な気持ちにならない方がウソというもの。自身は事件後から広がっていった平和的デモに何かしっくりこないものを感じていたが、案の定、ここにきて米国政府はテキサス州ヒューストンの中国領事館で起きた火事騒ぎを問題視、領事館は「知的財産や新型コロナウイルスのワクチン開発情報を盗んだ。」容疑で閉鎖、今またツイッターによって「BLM」運動の扇動者に中国人も関わっている(活動資金だけでなく武器をアンティファに与えていた。加州知事の関与が疑われている。)ことが判明したようだ。米国国務長官が発した一連の声明は「米国の団結」を呼び掛けたものと思われるが、かつてない緊張が米中どころか世界を襲っている。このままでは局地的交戦(南シナ海?)が起きそうだが、中国共産党が今までに大きな戦争で勝利した経験のないことはあまり知られていない。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年07月22日

    無症状ツーリストが地方に行く




    待ちに待ったドラマ「半沢直樹」は22%の視聴率でスタートしたが、証券会社と銀行間で繰り広げられるチャンチャンバラバラは7年前の第1部と何ら変わらない勧善懲悪の時代劇だ。しかし日本人には爽快なドラマでもこれが現実社会で起きるとムカつくのである。20日、文春オンラインからツイートされたスクープに「やっぱり」と思うのは国民の一致した気持ちではないか。キャプションの「GO TOキャンペーンに受託団体が4200万の献金。」はツーリズム産業共同提案体という何とも胡散臭い名称の俄か団体が受託した1895億円の見返りか。(事務受託費用の総額は3095億円。)この提案体はキャンペーンのために組織されたもので、全国旅行協会、日本旅行業協会、日本観光振興協会、大手旅行会社、全国旅館ホテル組合連合会、日本旅館協会など総勢十四団体からなる。この観光業界の頂上にいる族議員(関係省庁と業界の間を取り持って便宜を図り利益を働きかける国会議員の総称。)は今をときめく自民党の幹事長…、ここまで書くとあまりにも定型すぎて面白くない。新型コロナウイルス感染症を巧みに利用した「GO TOキャンペーン」は合法に予算を付けられる格好のプロトタイプな計画だったが、それを知った東京都知事は日を追って多くなる感染者数の定義を曖昧にしていくものの「東京問題」を官房長官に突きつけられ寸前でキャンペーンから東京が外された。<窮鼠猫を噛む>ではないが「不要不急の外出はご遠慮下さい。」都知事の逆恨みは都民にではなく政府に対する予防線。幹事長と都知事の蜜月に官邸が横やりを入れたというのは穿った見方だと思うが、確執は第二波ならぬ第二ラウンドに続いていく。観光族議員と観光業界のズブズブな関係は次の「GO TOイート」でも繰り返されるとみていい。それにしても怖いのは多数の無症状ツーリストが地方に行くことである。詳細は週刊文春オンラインで。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年07月21日

    GO TOよりスティホーム



    トラベルキャンペーンは直前で「東京除外」になり、行く気満々だった東京都民を奈落の底に突き落とした。マスコミが騒いだお陰で予約した分のキャンセル料が支払われることとなったが、果たして国から業者にお金が払い戻されるのは遠い遠い先だ。(今年中の返金なら御の字だと思った方がいい。)それまでの間、国に代わって顧客に料金を肩代わりし続けた旅行会社が資金枯渇で破綻したなんてシャレにもならないニュースは聞きたくない。国の施策を丸ごと信じて先行投資なんかしたら財務内容がボロボロになることもこの際知っておこう。こんな手際の悪いキャンペーンを利用するよりも消費税減税又は時限的にゼロにする施策の方が国民のためになる。旅行に行かない(行けない)人々や政府のキャンペーンに関心のない人々にとっては消費税減税が一番公正なキャンペーンだ。今回の騒動も夏のキャンペーンと考えて東京には秋のシルバーウイーク四連休でガンガンいって欲しい。(その頃にはある程度以下の感染者数でないといけない。キャンペーン予算は約1兆7千億円)上記の表は23日から始まる四連休の過ごし方を「ぐるなび」がまとめたものだが、1位は想像通りの結果となった。コロナ禍での選択は日本人ならではのもので欧米とはここが違う。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年07月20日

    新彊ウイグル人への弾圧



    これはBBCのニュース番組だが映像で見られる事態の真偽を司会者が中国の駐英大使に説明を求めている場面。ウイグル人が黒い頭巾を頭にかぶせられて歩く先には何が待っているのか。動画は隠しドローンから撮影されたが、香港に対する強権を含めて中共のやりたい放題は止まらない。でもBBCからの映像ではなくNHKがニュースで特集しなければいけないものだ。米国は手にしたジョーカーをいつ出すのだろう。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年07月17日

    マスクブラケットを使おう

    フォローしていた米国居住の日本の人がツイッター上で紹介してくれたマスクをつける際のプロテクト商品。早速アマゾンで見つけた私は試しにセット購入したが着けるのが顔の周辺なので感触次第といったところか。女性にとってはウエルカムな商品の登場だと思うが、マスクの裏側にリップが付着したり、逆に塗り忘れたりする面倒が解決できれば一気にヒットするだろう。男女問わずマスクをして会話し続けるのは息苦しさとの戦いに耐えなければいけない修行だったが、これがうまくフェイスマッチ(話してもズレにくい)してくれれば夏を乗り切れる。検索は「マスクブラケット」か「マスクホルダー」で。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年07月17日

    閻麗夢 LimengYan 亡命の中身



    15分に及ぶ香港大学のウイルス研究者である閻麗夢氏のインタビューはインターネット上でしか見ることができない。彼女は家族と仲間を犠牲にしてまで世界にこの新型コロナウイルスと中共の恐ろしさを知らせたかったという。