株式会社 津幡石油        (tsubata sekiyu)

石川県津幡町のガソリンスタンド レンタカー・コーティング・タイヤ保管・車検・各油種の配達もOK!

0000046693.jpg

TOPページ ≫ The Lyrical Times

The Lyrical Times

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年04月10日

    命よりカネが先




    「お金の補償を言う人って自分がコロナに絶対感染しないと思っているみたい。」テレビが流す街の声を見ながら呟くカミさん。「感染したらお金がどうのこうのって言ってられないのに。」溜息が出るほどの正論は全国一律に叫ばれている筈だが、国も自治体もガッテン承知なこの話を盛り上がらなくしているのはメディアの反日感情むき出しの姿勢が原因だ。彼らは静かに深く日本人の心の隙間に入り込んで変質させようと必死だが、今こそ立ち止まって考えることが大事。東京広尾の医療センター医師が<現実の医療現場は想像以上に逼迫している>と悲痛な言葉をSNSに残している。以下原文「今まで全力で人を助けるための医療をしてきましたが、このまま感染が拡大すれば<助ける命を選択する医療>にシフトしなければならなくなります。だから外出は控えてください。人と会わないでください。感染を食い止める方法はこれしかありません。」と懇願している。本日午後、東京都知事は自粛業者にカネ(協力金)を配ると発表したが、個人事業者50万、複数事業者100万という金額に都内の事業者は果たして納得するだろうか。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年04月09日

    コロナ担当相のエビデンス




    どうも七都府県の息が合わない。緊急事態宣言以前の意識合わせにゴネた東京都知事は東京五輪の競技場所の選定でも首都圏の知事たちを混乱させた前科がある。潤沢な都の財政を背景にした「自粛被害に遭う業界に対する協力金の拠出」提案は彼女にしかできない荒業だが、今夏に行われる都知事選挙のパフォーマンスに見えなくもない。しかし何にも増してスピード感が大事とする感染症医の意見を利用した大義発言は政府の喉元に剣先を突きつけた。コロナ担当相のいう2週間活動自粛8割論は交通機関の乗車数や携帯キャリアの位置情報の集積数のデータで判断するという。2週間見ることに対する過激なツイートも散見されるが、独裁国家でない法治国日本の現状ではこれが精いっぱいで<エビデンス>を基にした政府の措置を見守るしかない。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年04月08日

    東京銀座ライブカメラ



  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年04月08日

    新型コロナによる企業破綻状況



    8日夕刻現在、東京都発表の新型コロナウイルス感染者は144名以上。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年04月08日

    ソーシャル・ディスタンス

    政府から宣言された緊急事態は日本中の意識を変えた。が、ここからが修羅場なのである。実際にコロナショックは多くの商売を窮地に、そして倒産に追い込む。政府から出された108兆円経済対策の目玉である30万円給付は自己申告も給与制限付きで80%が対象外、また中堅中小企業には200万円、フリーランス を含む個人事業主には100万円を上限にそれぞれ減少分の給付(台帳等必要)というが、減少分の支給のみで満額無条件で貰えるのではない。さらにコロナ特別融資制度も金融機関の推奨する内容は信用保証協会付きの融資で娯楽産業や水商売の経営者にとっては遥かに遠くて高い条件に映るのではないか。表向きには条件緩和の融資に見えても中身は法律に則った多くの書類提出が必要になり、ここで耐性のない人は断念?させられる。金融機関は有事になっても甘くはない。(ソーシャル・ディスタンス:人と人の距離を2M以上取ること。)宇多田ヒカル「Distance」https://www.youtube.com/watch?v=PKegorAYyxc


  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年04月07日

    都道府県別感染者数の推移



  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年04月07日

    研修医とホスト




    慶応大学病院内の研修医18人が注意喚起があったにもかかわらず大勢で会食、三次会のカラオケまで敢行して新型コロナウイルスに感染した。医療従事者が一人でも欲しい時に逆に患者になってどうするのかとお怒りの人は多いだろうが、私は80年代の「平和ボケ」だった大学時代を想う。40年前の<平和すぎる時代>に学生時代を生きた私たちなら世間を無視して三次会はおろか朝まで飲んで騒いでいたはずだ。研修医と言っても社会とは一線画された異空間にいる未熟な人間の集団、寧ろ怒りは大学病院関係者と指導者に向けるべきと思うが、その指導者たちはかつての「平和ボケ」時代を生きた私たち世代である。一方で新宿歌舞伎町のホスト50名以上が名古屋で営業するというツイートが炎上している。今夕に政府から発令される緊急事態宣言から漏れた名古屋をターゲットしたのだろうが、これもまた研修医たちと同じ次元の発想なんだろう。「あいちトリエンナーレ」で話題になった大村愛知県知事がこの愚行を止められるとは到底思えない。1980年公開の邦画「復活の日」https://www.youtube.com/watch?v=__awhEinGR4

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年04月06日

    緊急事態宣言は遷都論を呼ぶ



    明日にでも宣言される一都一府四県(東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫)にまたがる緊急事態は日本の法制度を根幹から見直すチャンスになるのかもしれない。法に抵触スレスレの業界がこの宣言によって合法化(暫定でも)でもされたなら社会は変貌する。不謹慎だけれど規制の改革は意外なところから訪れるのではないか。世界でも類を見ない東京一極集中を改める時だ。(夕方に福岡が加えられた。)

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年04月04日

    緊急事態宣言できない一つの理由




    東京都が緊急事態宣言を政府に求めているが一向に首相は同意しない。痺れを切らせた小池都知事が都内にいる医療従事者のOB復帰を促していると新聞各紙が報じた。今日明日にでも発令された場合に備えて先手を打ったのだと思うが、何故発令されないのかが理解出来ない人にとってはイライラ感募る展開になっているので、ここで簡単に緊急事態宣言の定義を説明してみる。先ず,宣言が発令されると規制する地域を特定できるが、東京が真っ先に指定されることは自明なものの、同時に首都圏(一都六県ともいうが、東京の周辺にある千葉、神奈川、埼玉、群馬、茨城、栃木の六県で関東地方と呼ぶ。)から出勤している医療従事者や警察、消防、さらには行政を執行する職に就いている多くの人たちが東京に入れなくなる(又は出られなくなる。)ことが想像される。そうなれば現在の医療は途端に破綻し、警察消防も立ちいかなくなって東京は法治コントロールの効かない孤立地帯に陥るのではないだろうか。小池都知事が東京都にいる医療従事者OBを呼び戻そうとしているのはそこにフォーカスしたものと思われる。《仮定想定論》

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年04月03日

    最新のコロナ感染者世界版