株式会社 津幡石油        (tsubata sekiyu)

石川県津幡町のガソリンスタンド レンタカー・コーティング・タイヤ保管・車検・各油種の配達もOK!

0000046693.jpg

TOPページ ≫ The Lyrical Times

The Lyrical Times

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年02月10日

    セカオワ 10th Anniversary


    10年前の今日、インディーズデビューした「SEKAI NO OWARI」。我が家の家族全員が応援する数少ないJ POPバンドの一つだが、ストアに自分たちのCDを見つけた時のキモチは彼らにしか分からない瞬間だっただろう。いつも原点を見つめられることはバンドをキープする上で大事な要素の一つだ。彼らの特徴は私が言うまでもないが、楽曲とアレンジのアカデミック性は並外れて素晴らしい。「yume」SEKAI NO OWARI https://www.youtube.com/watch?v=_IaV9ofnoDo


  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年02月07日

    クルーズ船から新婚がSOS



    日本は世界から信用を失うのではないか。新型コロナ対策は人権に配慮しすぎているのか後手に回っている。ついにクルーズ船内にいる米国人の新婚カップルから米国トランプ大統領にSOSが打たれた。年末にゴーン被告の逃亡をゆるした司法の緩さは行政においてもその醜態を世界に晒す。最初にNHKニュースで「感染拡大には至らない。様子を見て恐れないことが肝心だ。」と取材に答えた日本の医者は今どうしているのか。カネに目がくらんでいるWHOの事務局長もまた信じられない声明を発した。「コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、加盟国に支援を要請した。」でも約740億円の資金支援は出身国のエチオピアから融資してもらえばいいんじゃない?テドロスさん。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年02月07日

    吉野家丸わかりは不味い




    ファストフードつながりで何だが、今日は吉野家の牛丼を餌食にしたさもしい国会議員の営業妨害ツイートを紹介する。SNSを使うのは自由だが、幼稚な内容を画像付きで投稿する議員の頭の中を知るうえでは有効かもしれない。これも政治活動の一環だと思っているなら国民の負託を受ける資格はない。ご丁寧に「人生も後半戦」などとする自虐な呟き(63歳)は<人生百年>の政府ワードも妨害している。のちに謝罪ツイートが本人から投稿されたものの、拡散された後では手遅れだ。政治家は往々にしてツイート音痴なことを知って学ぶべきだろう。https://www.youtube.com/watch?v=2DkNXB2NJCg

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年02月06日

    ごはんバーガー CMがいいネ



    この年齢になっても興味関心を引くマクドナルドの新しいメニュー。20年前にマックの仕事をしたからという訳ではないが、今回の「ごはんバーガー」は飛び切り気になる。ハンバーガーシェア第2位のモスバーガーは1987年ライスバーガーを発売、2006年に新メニューの仲間入りをした「きんぴら」が好きで良く食べたものだが、最近のモスに元気が感じられないこのタイミングでの「ごはんバーガー」発売はタイムリーだと思う。上記のCMは久々にナイス(ツ?)な仕上がりで、夜だけの発売コンセプトは飢餓感も誘発させてエクセレントだが、松田聖子世代を取り込む「SWEET MEMORIES」は当たりだ。そういう訳で今週末は「ごはんチキンフィレオ」でGOー。https://www.youtube.com/watch?v=AzNq9K_NmG4

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年02月05日

    Foreigners coming to Japan

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年02月05日

    米国 インフルでパンデミック



    横浜港のクルーズ船にまで感染者が出てしまった新型コロナに議論百出だが、米国では季節性のインフルエンザが蔓延して過去10年間で最悪の死者数を出しているとCDC(米国疾病管理予防センター)が報告している。CDCの公式HPを見ると2,600万人が罹患し31万人が入院、2.5万人が死亡している。米国が中国からの渡航者を全面禁止した理由がこれで理解できるが、パンデミックになった要因はワクチンの不備だとか。新型コロナと違う点は免疫のない子どもの罹患率が高いとメディアは指摘している。このニュースから真っ先に想像されるのは日本と米国の渡航者数の推移だが、米国から日本に来る来日者数は昨年の一年間で約172万人、日本からの渡米者数は約350万人と倍の数字だ。因みに中国からの来日者数が約960万人で年間総数の30%以上を中国人が占めている。(2019年累計=3188万人)でも米国のインフルエンザがこんなに多くの犠牲者を出しているのに世界の話題にならないのは何故だろう。選挙の影でたくさんの子供が死んでいる...。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年02月04日

    世界から冷笑される長官




    日本だけではないブーメランの痛さ。デモ参加者の覆面やマスクの着用を禁止した法律を制定したはずの人...。場当たりはどこの国も一緒か。ところで香港もデモどころではなくなったのか、SNSは沈静している。HongKong Gov. Carrie ram The administrative director on a press conference in a mask。

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年02月04日

    ボイストラは翻訳アプリ




    ボイストラ(VoiceTra)というアプリを最近知った私。何だか文明から取り残された老害のようで切なくなるが、このボイストラは無料でダウンロードできる翻訳アプリである。31か国の言語に対応していてポケトークよりも経済的で便利なのは言うまでもない。レビューでは「精度が高い。」とする意見が目立つものの、翻訳の履歴が残らないことが今後の課題なのだそうだ。でも普通に外国人と会話する分には何の不自由さも感じないことからインバウンド相手には最適だろう。これであの忌々しいスピラニの人を馬鹿にしたようなラジオCMを聞かずに済めば御の字なんだが...。多言語音声翻訳アプリ「VoiceTra」の使い方。https://www.youtube.com/watch?v=twqlTbjgLfQ

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年02月03日

    羽田新飛行ルートは皇居の上



    この週末は新型コロナウイルスの話題で持ち切りの日本メディア。全国民の耳目がそちらの方に向かっている隙に国交省が新しい羽田発着の飛行ルートを実証実験していた。3月29日からスタートさせるという新飛行ルートを実際に旅客機を飛ばして騒音などを確認したようだ。いつの間に決まったのかは知らないが新しい飛行ルートは東京のど真ん中である皇居や東京タワーを横切る。新宿、渋谷、品川、大田など都内15か所が測定されたが、遠い沖縄の基地問題が東京都心にも跋扈することになる。飛行経路に住む住民や企業、特に不動産業界に激震が走るのではないか。もう都民はこのニュースを共有すべきだ。(羽田空港は現在東京湾上空からの着陸しか認められていない。)

  • The Lyrical Times
  • 公開日:
    2020年02月02日

    Contagion 視聴回数急上昇



    新型コロナウイルスを学ぶために最適な映画を再々度紹介する。